読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月10日

こんなことばっかり続けてる日々をあたしはばかだから愛しちゃってるんだぜ。ほんとうのとこはわかってるんだ、でもね一生パーティーがいいな。

 

駿くんが作ってくれたわたしの動画を見て泣いてしまう。ふくろうずのループする。でもこれ以上ループしてはいけないものもある。

 

f:id:akinokirisame:20170212120812j:image

 

 

サンキャッチャーがきらきらしてて、この建物の名前がこもれびだってこと思い出した。段ボールにものを詰めながら思い出を切り崩す。大学のともだちと餃子パーティーした。ひとりで泣いた。朝まで話した。パンを焼いた。歌を歌った。モヒートを作った。ギターを弾いてもらった。うそをついた。無理をした。たばこを吸った。一日中寝ていた。レモンジュースを作った。手紙を書いた。セックスをした。鍵を捨てた。プレゼントをあけた。自信満々だった。自己嫌悪だった。すこしずつ、でもだんだん雑に詰め込んでいく。どうせまたすぐに開くだろ。センター試験の受験票、合格通知、昔の写真などが出て来た。

 

有汰が照明外しに来てくれる。なにからなにまでありがたい…

f:id:akinokirisame:20170212121544j:image

 

ついでにVRAV見せてもらう。自分の肉体をひょろ長の男性のものだと認識するのがたのしかった。DMMのかわいい女優。

 

 

大家さんが来て、ざっくり部屋の確認をしてすぐに去っていった。四年間おせわになりました、と言うと、こちらこそ、と言われる。そうですよね。家賃高かったです。

 

和也に小包を出す。16:55。ぎりぎり。この郵便局に来るのも最後かもな、と思う。ありがとうございました。たくさん手紙を出した。

 

帰り道の空がへんに赤くて、しばらく見上げていた。

 

f:id:akinokirisame:20170212121513j:image

 

どこまで片付ければよいかわからずそこそこでやめてしまう。明日には父が来るから、これが最後の夜。ループするをギターで弾いた。感情のピークをどこに定めればいいのかわからない。明るいきもちと不安がたぷたぷに揺れている。明るい文章を書こうと思ってフリックしているうちに暗くなったり、その逆になったりしてへとへとになる。

 

荷物の処分、と思いつつゆず酒をたらふく飲んで寝てしまった。