読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12月18日

髪をお団子にして赤いコートを着た。歌会納。戦災復興記念館初めて行ったけれどわたしの大好きな公民館という感じがした。2016というテーマ詠、集まる歌がぞくぞくと暗くて詠草そろえながらみんなのこと少し心配になった。みんな波乱の2016年だったっぽい。誰よりも明るい歌を提出した。Sendai is shinning!、せめてものかがやき。光のページェントを今年初めて見た感想が、ふうん、ってかんじでちょっと焦った。もっと、わぁ~って言いたかったし言う準備をしていた。コッシーが「もっと長いと思ってたんですけどこれっぽっちでおわりなんですね」と冷たいことをいうのを、「だからこそ、ゆっくり歩くんでしょう」とたまだが笑った。みずきが「ただの日曜でも混んでるのに、クリスマス、地獄なんだろうな~」とからから笑うので、わたしと一緒に過ごそうね、と思いながら腕を絡ませた。

 

月日が過ぎるのがあっという間だね、と言っているうちにほんとうに1年が過ぎてしまった気がする。新入生を新入生扱いしていたけどもう彼女たちも入会して8か月たっている。冬合宿はゲレンデにしますか、という話が挙がって胸が高鳴る。みんなで大きな雪山に行きたい。レイン、写真撮って、と何度も言われ、レイン、こっち向いて、とも何度も言われ、いままで自分がどうやって写真を撮っていたのか少し思い出した。ジョージハリスンが存在感薄くなって焦ってシタールを弾きはじめた話を浅野とたまだが楽しそうにするのと、横田さんがアメスピをふかすのを好ましく見ていた。いつでもこの人たちとこうして顔をあわせていられたらいいのに。人生のおしまいまでみんなで一緒にいたい。そう思いながら、「やっぱりわたし、3月で引退します」と笑った。こういうけじめはきちんとつけなければいけない。いちばん最初に頼んだビールを半分だけ飲んで、あとはずっとわかめを食べた。

 

カラオケでふにゃふにゃのパンケーキを食べながら冬がはじまるよを歌う。滝廉太郎甲斐バンドキリンジスピッツとマイケルジャクソンとモンティパイソン。みんなのことだいすきだな。つくづく。よいお年を!と言って手を振りながら、もう二度と会えなかったらどうしよう、と思ってしまう。めそめそしやがって。

 

雨上がりの温かい冬の夜だったので、タクシーに乗らずに歩いて帰った。好きな男の人から連絡が来たけどちょっとむっとしたのでスナップチャットにあかんべえをしてそれだけ送った。どうにも投げやりな気分になり、歩道に寝そべってやりたくなるのを我慢して駿くんに電話した。絶対起きてるだろうと思ったけど、やっぱり起きていた。自分がいちばん好きなものを見聞きするのがいいよ、と言われる。ふくろうずの新譜が送られてきて聞く、内田…と思う。17歳の時のわたしが思い切り自転車を漕ぎはじめ、ようやくたましいが凪いだ。

 

イ・ランの「世界中の人々が私を憎みはじめた」を聞きながら、思い立ってJIMDOでHPを作り、Twitterについて書きたかったことを書いた。

 

負けるもんか、とか、見てろよ、とか言えなくなった。その代わり、ううん。

なんでもない。