読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月6日

花椿のコンクールの締め切りだと思っていたらそれは8日の話だった。詩、もう5年も書いていないのですっかり書き方がわからない。無意識のうちに最果タヒのようになってしまう。 相変わらず館長にメールを返せずにいる。わたしは啄木じゃない。啄木じゃないけ…

4月5日

ルーズリーフよりも画用紙のほうが好きで、本屋よりも文具屋の方が好きだ。盛岡でいちばん好きな文具屋に立ち寄って水色のかわいい指サックを買った。1日に400枚前後の紙を手繰るので、ハンドクリームが必需品になってしまった。 紙に名前をつけているのは誰…

4月4日

働きだしてからすっかりつまんなくなったね、って言って笑いあいたい。働いている間は退勤したらやりたいことばかり考えて、退勤したらご飯を食べてすぐに寝てしまう。出し損ねている手紙のことなどを思う。こうやって日々の忙しさに振り回されては、踏んづ…

4月1.2日

結局一日中だれにも嘘をつかなかった。エイプリルフールにわかりやすい嘘をつかないなんて、大人みたい。既にいろんな嘘をついてここまで来てしまったような後ろめたさがあるので、四月馬鹿の免罪符を使ってまでどうかしようって思えない。 句会。母がわたし…

3月20日

まじまじ顔を見つめられたので首を傾げたら「10年後も、30年後も変わらずに綺麗なんだろうなと思って」と言われた。そんなこと言われたことが無かったので驚いて、なんて返せばいいかわからなくなってしまう。嘘でも嬉しいってこういうことなんだろうな。塩…

3月14日

夢みたいな現実だった。 かわいい女の子に愛されて、手を繋ぐためだけに会いにきてくれた。 盛岡をたくさん案内した。 わたしは盛岡が好きだと思った。 キスしそびれた。

3月7日

「そんなの几帳面な家出じゃん」と言われて、人聞きわるいんですけど…と怒ったけれどかなり言い得て妙だった。実家に鍵をかけたのが木曜で、今日が火曜。用意周到なる几帳面な家出。おもしろいんでメモっていいすか?と言ってiPhoneに書き残した。 盛岡東京…

3月6日

ゆでたまごが白くてうれしい。 何かに悩むとき、前よりも格段に前向きな選択肢で悩めるようになったよ。みたいな話をのどかとモーニングを食べながらした。どちらを我慢するかじゃなくて、どちらに寄り添いたいかでものごとを選べる気がする。 選ぶことが出…

3月5日

ゆっくり起きた。一杯しか飲んでいないのに二日酔いっぽいのは花粉症のせいか疲れのせいかわからない。着替えて、化粧をして10:30。ララランドの真似をしてタップダンスをしてみたけれど、わたしがやると地団駄を踏んでいる小学生に見えるし、ララランドのキ…

3月4日

わたしのこれまでの人生を2時間半の映画にするとして、いろんなことがあったけれどどうかこの土曜日のことを30分は描かせてほしい、それくらいあまりにも幸福ないちにちだった。 まったく土地勘のない場所で入った珈琲店のマスター夫婦と仲良くなって、すっ…

3月3日

5:15に新宿に着き、ホテルに荷物を預けた後その地下にあるルノアールで手紙を2通書いた。山口県と国分寺宛。紀伊国屋で2冊の本を買い、新宿御苑でそれを読みながら自分が花粉症だってことを思い出す。佐藤文香の君に目があり見開かれという句集と金子兜太と…

2月18日

葬儀のことを思うと気が滅入り、へとへとに疲れていたのにその日のうちに盛岡に帰らなかった。23時の国分町には雪が降っていた。ふたりであるいていても風俗店のキャッチは声をかけてこない。キャッチに声をかけまくられるような人間になりたかった、という…

2月10日

こんなことばっかり続けてる日々をあたしはばかだから愛しちゃってるんだぜ。ほんとうのとこはわかってるんだ、でもね一生パーティーがいいな。 駿くんが作ってくれたわたしの動画を見て泣いてしまう。ふくろうずのループする。でもこれ以上ループしてはいけ…

2月10日

こんなことばっかり続けてる日々をあたしはばかだから愛しちゃってるんだぜ。ほんとうのとこはわかってるんだ、でもね一生パーティーがいいな。 駿くんが作ってくれたわたしの動画を見て泣いてしまう。ふくろうずのループする。でもこれ以上ループしてはいけ…

2月7日

かおりがわたしと学食を食べるためにわざわざ大学まで来てくれた。俳句を教えて欲しいと言う。そんなの、そんなのわたしのことが好きだからに決まってる。うれしくてたまらなくなる。俳句はね、世界でいちばん短い詩なの。大学のともだちのこといろいろ考え…

2月6日

免許センターで手続きを間違って、仙台へむかう。暴風雨。teatoでアールグレイの紅茶を飲む。いいお店だな。何より紅茶がおいしい。葉書を2枚と手紙を一通書いた。 ひとりで来るには持て余す、誰かと来るには退屈、そういうおっきい倉庫がIKEAだと思った。 I…

2月5日

年下の女に贈る最後のプレゼントに相応しいものはなんだろう、と朝から考えていた。三越のTHREEのお姉さんはとてもやさしく、Diorのおばさんはケバかった。魔力がいちばん強い気がして結局CHANEL。CHANELのおばさんにナメられているなあ〜と終始思っていた。…

2月4日

結局一粒しか泣かなかった。 もうあと1週間もないのに、なぜだかずっとこの暮らしが続くものだと思ってしまって、ふたりからの送辞を「やめてくださいよ、そんな、お別れみたいな」と遮った。ココさんから手作りの白いビーズのブローチとツモリチサトのハン…

2月3日

こんこんと眠り続けてしまった。メタファーだしメタファーではないです。 書きたいことだけが溜まっていく。こんなんではいかんいかんと思いながら、今度こそ最後だ今度こそやめるぞと言い聞かせ続けてメビウスの1㎜はあと4本になってしまった。どうにか教授…

1月31日

昨晩少し夜更かしをしてしまったので6時に起きたあとふたたびこっくり寝てしまった。11時。慌てていたのにドリアを焼いて食べてから家を出た。家を出るまでの20分間があるとき、空腹のまま化粧をこなすかすっぴんのまま何か食べるか。前者をいつまでたっても…

1月30日

あまりにも充実しすぎた週末の代償として昨晩はへとへとにつかれてしまい、起きたら14時だった。乾燥しているせいですこし喉が痛い。さきおととい、おととい、きのう…と記憶を手繰り終えてから布団を蹴り上げつつ思い切り伸びをする。好きな男の人の、この世…

無題

日記を書きたい、日記を書きたい、と1時間に1回くらい思って頭の中でふたつくらい文章を考えて、何にもメモしないまま眠ってしまう。そういう日々が年末からずっと続いていた。眠って起きて氷水を飲んで、サンキャッチャーのひかりを見つめて、お酒をすこし…

12月22日

よく寝た。台所の掃除をして、たばこを吸って、昨日受け取ったAmazonの荷物を解いた。鍋とエプロンとサンキャッチャー。スワロフスキーのマークは目みたいって聞いてたけど、「目」みたいってことだったのか。サンキャッチャーに電灯を当てると細かいひかり…

12月21日

10:30に起きて、となりで先輩がすやすや寝ているのをずっと見ていた。身体が気怠いけれどこっからまた寝られる気もしない。眠っている先輩は3頭身にデフォルメされたアニメのキャラクターみたいに少し微笑んでふにふにしていて、超かわいかった。馬乗りにな…

12月20日

講義に出てから郡山へ。盛岡にも東京にも行かない高速バスに乗るのは初めてでよそよそしい気持ちになる。花屋で橙のラナンキュラスを買った。花屋のおばさんに「この花は、これからなのよ」と言われる。花言葉は秘密主義。 郡山駅のエスパルは改装前のフェザ…

12月19日

生理痛が重く、午前に予約していたカウンセリングをキャンセルし、大学の友人たちの卒業旅行のための話し合いもキャンセルした。白湯を飲んでもお腹が痛むので参ってしまう。大人しく鎮痛剤を飲めばよかった。昼過ぎようやく体調が良くなり、メール返信など…

12月18日

髪をお団子にして赤いコートを着た。歌会納。戦災復興記念館初めて行ったけれどわたしの大好きな公民館という感じがした。2016というテーマ詠、集まる歌がぞくぞくと暗くて詠草そろえながらみんなのこと少し心配になった。みんな波乱の2016年だったっぽい。…